About the Founder

screen-shot-2014-07-26-at-8-28-52-amFounder & CEO
Royi Akavia
Royi Akavia an artist, an entrepreneur and a director of animation. Originally from Israel, after 26 years in the US, Royi moved in 2011 to Japan and now is working and living in Osaka. Royi’s artwork has been displayed in several museums and galleries throughout the world, including the permanent collection of the Guggenheim Museum. In 2010 Royi become one of the management team of “Move to Learn Apps” with Columbia University in New York. In 2006 Akavia created and founded Howl-larious, an animation company that provides a truly one-of-a-kind Art Talking, Pet Talking and Online Ads. In 2005 Royi founded Little Director. This program enables to bring children’s drawings to life. Little Director was awarded numerous animation awards for its work. In 1999 Akavia creates “Cydonia”, an animated short film intended to teach children the benefits of keeping our planet clean and pollution-free.

More about Royi Akavia Click Here
_____________________________________________________________

設立者&CEO

Royi Akavia ロイ・アカヴィア

アーティスト、起業家、アニメーションディレクター。イスラエルで生まれ、アメリカで26年間過ごしたのち、2011年に来日。現在は大阪に在住。ロイの作品は、グッゲンハイム美術館の永久展示を始め、世界中の美術館、ギャラリーに展示されている。 2010年、ニューヨークのコロンビア大学のMove to Learn Appsのマネジメントチームに加わった。 2006年、Howl-lariousを設立。他に類をみない、アートやペットが話すアニメーションやオンライン広告を提供するアニメーションの会社である。 2005年、Little Directorを設立。子供達の描いた絵に命を吹き込むアニメーションの制作を可能にした、Little Directorは多くのアニメーションアワードを受賞した。 1999年、アニメーションショートフィルム“Cydonia”を制作。子供達に地球の環境問題を伝えるアニメーションショートフィルムである。

さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック Royi Akavia

Translate »